MENU

    ホームページの画像(写真)はプロカメラマンに依頼すべき?

    ホームページに載せる画像(写真)を自分で用意するかプロのカメラマンに依頼すべきか、悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

    この記事ではホームページの画像をどうやって用意するべきかを初心者にもわかりやすく解説します。

    まず最初に結論ですが、ホームページの画像はプロカメラマンに依頼する、もしくは制作会社に用意してもらうのがオススメです。※自分で高品質な写真を用意できる場合は除きます。

    それではその具体的な理由ついて深堀りしていきましょう。

    目次

    プロカメラマンに依頼した方がいい理由

    理由はシンプルですが、ホームページ上の画像があなたのビジネスやブランドの印象大きく左右するからです。

    ユーザーがホームページを訪れた際、最初に目にするのは画像です。クオリティの低い画像はプロフェッショナリズムを欠き、ビジネスやブランドの信頼性を低下させる要因となります。逆に、高品質な画像は印象を向上させ、ユーザーに良い印象を与えることが期待できます。

    ホームページの最終目的は集客(売上)アップのはずです。せっかく作ったホームページが低品質な画像のせいで効果を発揮できないような事態は避けるべきでしょう。

    画像の品質による比較

    以下は、クオリティの低い画像と高品質な画像の比較例です。
    同じ内容でも、画像の品質によってまったく印象が違うことがおわかりいただけると思います。

    低品質な画像を使用したHP

    低品質な画像のウェブページのサンプル画像

    高品質な画像を使用したHP

    高品質な画像のウェブページのサンプル画像

    この比較からも明らかなように、高品質な画像を使用することで、ウェブサイト全体の印象、クオリティが格段に向上します。自分でうまく写真を撮る自信のない方は最低限メインビジュアルだけでもプロに依頼することをオススメします。

    ※上記の例のようにただオシャレな画像を使えばいいという訳ではなく、もちろん実際に店舗やサービスのイメージを表す画像を使用する必要はあります。同じレイアウトでも画像の質がホームページの質を左右する例として捉えてください。

    オシャレな画像ならなんでもいい訳ではない

    じゃあ、とりあえずオシャレな画像を使えばいいのかというとそれは違います。
    どんなに高品質な写真でも、あなたのビジネスに合っていなければ逆効果にすらなり得ます。
    フリー素材などは他社とかぶったり、どっかで見たことあるなと既視感を与えてしまうあるので、やはりオリジナルの写真を用意するのが望ましいでしょう。

    予算や時間がない場合は有料素材サイトもオススメ

    一方で、プロのカメラマンに依頼することが費用や時間の制約から難しい場合もあります。
    ホームページは長期的に売上を生むツールなので、カメラマンに撮ってもらうのが一番ではありますが、最低でも数万円という費用を考えると、開業したての個人事業主の方などは少し躊躇してしまうこともありますよね。

    そんな時は自分で撮った写真や安易にフリー素材に手を出すのではなく、月額1,000円程度から使える有料素材サイトの利用もオススメです。フリー素材とは登録されている画像の数やクオリティが段違いなので、少しの負担でウェブサイトのクオリティをグッと引き上げてくれますよ。

    ただ、素材数があまりにも膨大なため、その中から自社のイメージにあった画像を探し出すのはそれなりに根気と時間が必要です。そんな時は制作会社に選定の手伝いを依頼するのもひとつの手でしょう。

    ちなみにEco Web Worksでは、あなたのビジネスとホームページににマッチする有料画像オプションもご用意しております。数千円の負担で手間も時間も取られずに、ホームページのクオリティを上げる画像の選定と提供をしておりますので、お気軽にご相談ください。※Eco Web Worksをご利用の方限定オプションとなります。

    プロの力を借りる重要性のまとめ

    最後にこの記事のポイントをまとめます。

    ・ホームページの画像はプロカメラマンか制作会社に依頼するのがオススメ
    ・理由は画像がビジネスやブランドの印象を大きく左右するから
    ・ただオシャレな画像を使うのではなく自社に合った画像を使うことも大切
    ・予算や時間がない場合は有料素材サイトもオススメ

    いかがでしたか?
    あなたの悩みが解消し、少しでもホームページ制作の手助けになれば幸いです。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    目次